味噌作りレッスン2020~いい菌と悪い菌の共生

発酵食品 伝統食教室(発酵クラス)

 

味噌作り、味噌パンレッスン2020

小さい頃、手作りの味噌は美味しくないと思っていました。
確か祖母が作っていたものをもらっていたと思います。
真っ黒で濃くてしょっぱい、なんか臭い感じもして(多分発酵が進んでいるにおい)
買った味噌が好きでした。
 
その固定観念を吹き飛ばしてくれたのが、今レッスンで取り寄せているお味噌です。
麹、味噌を作っている九州のお店です。

ラインお友達になってね

「手作り味噌ってこんなに美味しかったの???」

と本当にびっくりしました。
おそらく祖母の味噌はものすごく寝かされていて熟成されていたんだと、あとで気づきました。
そして、その熟成の加減を自分で調整できることも自分で作るようになってからわかったのです。
 
さあ今年も1年分のお味噌を仕込みました。(と言っても足りなくなる方もいらっしゃいますが、ね)

 
このレッスンは毎回お子様連れも多くて、一緒に作業します。
大豆と麹を混ぜ合わせていくのって結構、力仕事です。
頑張ってママと一緒にやってくれます。
 

 
大豆と麹をよーく混ぜ合わせたら、今度は味噌玉を作っていきます。
容器に入れながら作ってもいいのですが、最初にたくさん作っておくと楽です。
 

 
そして容器に投げつけていきます。
空気が入らないようにパーン、パーンと勢いよく容器に入れます。
ここも子供達が好きな仕事です。
 
田舎ではご近所さんが集まって大きな鍋で大豆をたいて味噌つくりをします。
昔はそれが普通だったんでしょうね。
今でも山梨ではその味噌つくりのお仲間に入れてもらっています。
↓ こんな感じで大量の大豆を煮ます。

 
まさに村仕事の一つです。
昔はこんな風に地域の人たちと集まって色々なものつくりが盛んだったんでしょうね。
都会ではすっかり見かけませんが、ぱん蔵の教室ではワイワイとにぎわって作業しています。
 
今年はそれぞれの味噌にお互いに手を入れ合って混ぜました。
子供から大人まで。
手を入れる数が多いほど美味しくなるそうですよ。
酵素ジュースを作るときもそうなんですが、わざと手を入れて常在菌をつけるんです。
 
周りにはいい菌とよくない菌(私たちの身体にとって)が常に存在しています。
当たり前のことです。
変に気を揉んで抗菌、除菌と神経質になってきた現在ですが、大丈夫なんですよ。
いい菌が優勢になっていればいいだけのこと。
そういう環境にしておくことが暮らしの知恵なんです。
でも抗菌生活が始まるとその知恵を伝え続けることが消えてしまう。
それはあまりにも勿体無いですね。
 
いい菌と仲良くなって私たちの生活に生かしていきたいものです。
そのひとつが酵母生活、味噌つくりだと思っています。
発酵の力を使って身体を元気にしていく。
そんな暮らしをしていきたいです。
 

 

 
 

ぱん蔵の
 

放っておくだけらくらく天然酵母パン

 
ぜひ体験してみてくださいね。
一緒に美味しいパンを焼いていきましょう!
 

ライン登録してぱん蔵とお友達になりませんか?

ラインマガジンを発信しています。

1:1のトークができますのでお問合せもお気軽にどうぞ。

 
****************
 
ぱん蔵のyoutubeチャンネルが出来ました。
お役立ち情報、田舎暮らし体験を動画にしています。


 
 
 
 

コメント

error:Content is protected !!