パン 生焼け – これって生焼け?焼き直しってあり?生焼けについてのお悩みベスト4について天然酵母パン講師が解説

天然酵母パン 作り方−ポイント、実験、裏話など

せっかくパンを焼いたのに「生焼けになってしまった」ということがありませんか?
割ってみるとなんだかネバっとしていて
これって中が焼けてない〜〜〜〜(><)と。
特に大きなパンを焼いた時は残念な思いです。

今日はそんな生焼けに関してのお悩みを集めてみました。
思ったより悩んでいる方、いらっしゃるんですよね。
ご参考になればと思います 。

**************


天然酵母ぱん蔵の  椿留美子です。
お山での田舎暮らしを実践、酵母生活をしています。
そんな暮らしを踏まえながら、東京と山梨で自家製酵母を使って、
発酵器を使わない、ほったらかしの「ゆるパン」教室をやっています。

ラインで直接お問い合わせはこちらから

パン 生焼け – これって生焼け?焼き直しってあり?生焼けについてのお悩みベスト4について天然酵母パン講師が解説

このお話を動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

生焼けかも、と心配になる時

生焼けかも、と心配になる時ってどんな時ですか?

厚みのあるパンを焼いた時?
焼き色が薄い時?
新しいオーブンにかえた時?
初めてのレシピで焼いてみた時?

などいろいろな場面が想定されます。
最悪、自分で食べるパンはいいとしても人にプレゼントしたいと思って
焼いたパンだと不安ですよね。
カットしたくないパンは特に、です。

私も昔、食パンが焼けるようになった時に友人にプレゼントしたことがあります。
まだ、初心者に近かったのでちょっと不安もありつつ渡したのですが
あげた後にだんだん心配になってきてあとで連絡したことがあります。
「パン、中焼けてた??」  と(笑)
その時は大丈夫だったみたいですが、本当にヒヤヒヤしたものです。

そんなこともあり、生焼けの不安や心配、ガッカリの気持ちってとってもよくわかります。
レッスンをしていても、生徒さんから相談を受けることもあります。
大抵はオーブンの問題だったりしますが。
今日はそんな生焼けについてのお悩みの多いものを取り上げて
お話してみたいと思います。

生焼けについてのお悩みベスト4

焼いたパンを切ってみた、これって焼けてる?  –  ①

パンを焼いていざ食べようとカットする時って至福の時ですよね。
そんな時に、「あれ、これって焼けてる?」と思う時があります。

そう、焼けているのかどうかわからないということがあります(!)

それは、中が目が詰まって粘りがある時です。
明らかに半生状態で、ナマっぽい感じだったらわかりやすいのですが大抵は微妙な感じです。
焼きたてをカットするとパンの中が潰れてしまってそんなふうに見える時があります。
しかしそうじゃない場合、やはりちゃんと焼けていないことが多いです。
「あれ」と思う時点でやはりちょっとおかしいことがほとんどです。

あとは、フィリング(パンにの中に入れる具材)から水分が出る場合があります。
そんな時もその水分が生地に染み出してべちゃっとした感じになります。
焼けていても見た目も食感がよくないですね。

中の目が詰まってねっとりしている
フィリングの水分が染み出している

ということが代表的です。
感覚的に「おかしいかも」と思ったら理想の焼き方ではなかったということになります。

カットしたくないパン、見分けられる? –  ②

先ほど私の経験をお話したように、人にプレゼントしたいパンについては見分けたいものです。
これは、ハッキリいって経験を積んで自信を持たないと難しい面があります。
食パン、カンパーニュ、発酵ケーキなどの大きめで厚みのあるパンは特にそうです。
しかし、新しいレシピを覚えたとかこの前焼いてみて美味しかったので、
とかいう理由で、あまり焼いたことのないパンでもプレゼントしたかったりします。

そんな時、私がやっている方法をご紹介すると、
竹串で中を差してみます。
ケーキなどはよくやる方法かもしれませんね。
竹串に生地がついてこなければ大丈夫、とか。
パン生地の場合は生焼けでも生地はついてきませんが(よっぽどの場合はあります)
感触が違います。
竹串を抜く時にスッと抜ける場合は大丈夫ですが、
ちょっと手応えがあるとちゃんと焼けていない場合があります。
私も心配な時はたまにやります。これは経験が必要になってきます。

ただ、中身にフルーツやチョコレート、チーズなど個体のものが入っている場合は
わかりにくいのでそれをわかった上でやってみてくださいね。

焼き直しってできるの?  –  ③

オーブンから出したばかりで竹串を差してみて「まだだな」と
感じた場合はすぐさまオーブンに戻して再度火を入れることがあります。
まだ熱々のうちにスピード感を持ってやることができれば、焼き直しができます。

しかし一旦冷めてしまったとか、カットしてしまったものは元の理想的な
パンにすることは困難です。
残念ながら・・・
カットした部分をとりあえずくっつけてもう一回焼き直し・・・
ができればいいのですが、うまくいかないのです。
やっぱり最初から温度、時間を設定して焼き終わるのが一番です。
研究、経験が必要ですね!

生焼けにならない解決方法って?  –  ④

生焼けになる原因っていうのはいろいろあります。
以前に書いた記事もありますのでご参考にしてみてください。
生焼けの3つの原因を現役パン講師が解説します〜次に失敗しないように考えてみよう

そのほかにチェックしたいことをあげてみます。
◉焼き目の強いオーブンではありませんか?
=温度を下げて焼き時間を調整した方がいいかもしれません。
◉温度が上がりにくいオーブンですか?
=温度をあげて、時間も長くした方がいいかもしれません。
◉発酵は十分行われていますか?
=発酵が不十分だと目の詰まったパンになるので中がしっとりしてしまうことがあります。

以前の3つの記事の他に、こんなことも気をつけてやってみてください。

パン 生焼け – これって生焼け?焼き直しってあり?生焼けについてのお悩みベスト4について天然酵母パン講師が解説 まとめ

今日はパンの生焼けについてお悩みの多いものをあげて解説してみました。
1焼いたパンを切ってみた、これって焼けてる?
2カットしたくないパン、見分けられる?
3焼き直しってできるの?
4生焼けにならない解決方法って?
ぜひご参考にしてみてください。

もし生焼けになってしまった場合、捨てなくちゃいけないの?
と思う方はこんな再利用方法もあります。
パン 生焼け – 手作りパンが生焼けになってしまった時どうする?美味しい食べ方をパン講師が教えちゃいます~失敗したパン生地の再利用法③

生焼けについて、けっこうみなさん悩んでいることが多いのです。
小さなお悩みは無料レッスンで解決できることがあります。
ぱん蔵のメルマガ登録してみませんか?
自家製酵母作り7回から続けてパン作り素朴な疑問、お悩み解決のメールをお届けしています。
時にはぱん蔵の田舎暮らしのことや、ひとりごと的なコラムもあります。
登録はこちらです。
↓ ↓

しっかり自家製酵母をやってみたい、パン作りの情報を知りたいという方はこちら
ぱん蔵の無料メールレッスン(メルマガ登録)

ぱん蔵のレッスンに興味がある!
レッスンのご案内もラインで優先的にご案内しています♪
イベント、キャンペーン情報がいち早くGETしたいという方もこちら。

ライン登録はこちらから https://lin.ee/6Fv4DIA

ただいま新規登録の方にはプレゼントもあります。

時には、気ままにぱん蔵がおしゃべりしてます^^
1:1のトークもできますのでお問合せもお気軽にどうぞ。

短期間でしっかり学びたい方に。
オンライングループ短期3ヶ月コース

3ヶ月で6種類の酵母12種類のパンを学べるスペシャルコース。
グッと凝縮された濃い内容になっています。
忙しい方、短期集中で学びたい方にぴったり。
そのほかにzoomセミナーや個人フォローもしっかりあります。
学んだパンは全て商用利用もOK。
教えたり、売ったりできます。
募集はラインでいち早くお知らせします(登録しておいてね♫)

いろいろあってどれがいいのかわからない?!という方。
全般的なお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ^^

お待ちしてまーす!

 

error: Content is protected !!